500円玉貯金はメリットなし!大人ならきちんと銀行に預けるべき5つの理由!

Pontaポイント

お金を貯め始めるとき、最も手軽ですぐに始められるのが小銭貯金、500円玉貯金です。

子供が貯金箱に小銭を貯めることは否定しませんが、大人になりきちんと金融資産を築いていくのであれば、小銭貯金や500円玉貯金、タンス預金などは絶対におすすめしません!

※億単位のタンス預金で税金対策などの理由がある場合は除きます。

絶対に銀行口座に預けるべきである、自宅での貯金のデメリットを5つ書いていきます。

 

結論

今回は「投資派or現金預金派」の議論はおいておき、まずは預貯金初心者の現金預金派と仮定します。

現金預金派であれば、預簡単な条件を満たせば金利が高く、ポイ活を併用してたくさんポイントが貯まる楽天銀行とauじぶん銀行がおすすめです。

それぞれで貯まる楽天ポイント、Pontaポイントはほぼ現金と同様に使用できるので、ポイント分も金利として考えるならば、他行の定期預金金利など比較にならないくらい大きな金利になります

ポイ活で多くのポイントを得られたり、ATM手数料、振込手数料が無料なのは実店舗のある銀行にはないメリットなので、無駄な出費を抑えて資産形成の手助けをしてくれるネット銀行口座の開設も、最短で資産を築いていくためには必須になります。

ネット銀行に対し不信感を持っている方は、「ペイオフ」という制度を調べれば問題ないことがわかります。

ペイオフはお金を預け入れている該当銀行がつぶれた場合、預金保険機構が1,000万円とその利息までは保障してくれる制度で、楽天銀行、auじぶん銀行ともにペイオフの対象です。

 

自宅貯金のデメリット

小銭貯金、500円玉貯金はもっとも手軽に始められますが、それゆえデメリットが多いです。

今回紹介するデメリットを理解し、金融機関に預ける方がより早く資産形成が進むというメリットを感じて欲しいです。

紛失・盗難のリスクがある

子供や同居人が誤って捨ててしまった、どこに行ったか分からなくなった、自宅が被災や火事になった、空き巣に入られ盗まれた等のリスクがあります。

億単位の資金があれば保管場所を堅牢にするという対策も理にかなっていますが、いくら貯まっているかわからない状態でなんの対策もなく自宅に保管しておくメリットはあまりないと思います。

これが銀行口座に入金されていれば、お金をかけることなくセキュリティを強化でき、簡単に消失することはなく、いくら貯まっているかの額もすぐにわかるので、少しでもまとまったお金がある場合はぜひ銀行口座に入金してください!

利息がつかない

今の金利では、銀行に預けていてもゼロに等しいですが、ゼロよりはましです。

また世の中は物価が上がっていくので、現金の価値は下がっていきます。

いわゆる現ナマでそのまま持っている場合は金利が付かないので、お金に働いてもらうどころか逆にお金を殺している状態です!

仮に、auじぶん銀行の金利0.2%で¥500,000を5年間預金したと仮定した場合、概算では¥3,600の利息が付きます。

最初の額は少ないですが、資産形成においては額ではなく複利を理解しそれを利用する必要があります。

また以下記事で紹介している通り、毎月約10万円の拘束のみで毎月最大1,680Pontaポイントを得ることもできます。

年利16%相当!11万円で負けなし!auじぶん銀行で毎月1,680Pontaポイントを貰う方法!
2022年4月からリニューアルされるauじぶん銀行のランク制度で、毎月1,680Pontaを貰う方法について解説します! 大多数の人にとっては大きく改善され、即改悪されるのではないかと心配になるレベルお得過ぎますが、設定の手順がやや多...

以上のことから、自宅には「夜中にタクシーに乗って病院に行く」等の緊急時用に最低限の現金のみで、それ以上はすべて銀行口座に預けることをおすすめします。

保管・選別・使用時に手間がかかる

保管について、財布から小銭を避難させる程度は良いですが、避難させた小銭があまりにも大量すぎると保管する場所も必要になります。

特に小銭は、大量にあると重すぎて動かすことも困難になります。

選別については、私が過去海外赴任をした際に前任者から大量の硬貨をもらったことがあり、中身は覚えているだけでも米ドル、香港ドル、人民元、マカオパタカ、イギリスポンド、フィリピンペソ、タイランドバーツなど様々なものでした。

国別に分け、更に額別に仕分けるのにかなりの時間を要したことを覚えています。

手も相当臭くなりました。

最後に、これらの小銭を使用することが一番苦労しました。

香港では日本のように会計時に小銭まできちんと出す文化があまりなく、例えば980円だった場合、先に1,000円札を出してしまうと、そこですぐに20円が返されます。

基本せっかちなので、30円や80円を出す隙はありません笑

さらに会計が579円だった場合、1,134円を出せば555円のお釣りとなり帰ってくる硬貨の枚数を3枚に減らせますが、そんな計算をしてくれるわけもなく、トレーから1,000円札だけサッと抜かれて421円の釣銭が渡されます!

加えて、2016年当時から基本は「八達通(オクトパス)」という電子マネーでほとんど買い物ができるため、小銭の出番がほとんどありませんでした。

確実に現金を使用できる場面はタクシーだったのですが、ドライバーのほとんどはせっかちの塊かつ日本のように正確にお釣りを返さない(多かったり少なかったり)ので、うまく小銭を使うことはできませんでした。

これは極端な例ですが、せっかく貯まったのに使用できなければ「価値がない無い」ことと同じです!

そしてキャッシュレスが進む今、小銭だけでは使い切るのは難しく、また現在は銀行で両替する際も手数料がかかるため、せっかく貯めたお金が減ってしまいます。

お金の管理の仕方が身につかない

冒頭にも述べたとおり、小銭貯金や500円玉貯金は最も手軽に始められる方法であることは間違いありませんが、小銭貯金の多くは財布にある小銭を貯めることが多く、これは計画してお金を貯めていくというこからはかけ離れています。

小銭を出すためにわざわざ買い物をすることは資産形成には逆行しているし、今はキャッシュレス決済の方がポイントも貯まるため、トータルで考えるとわざわざ現金払いをすることは損です。

「カードでは使いすぎが怖い」という理由も、「私はお金の管理ができません」と言っていることと同義です。

大人の資産形成は、自ら計画を立てそれに向けてマネジメントしていくことが大事なので、余ったら貯めるという方法は”管理方法”が身につかないのでお勧めしません。

また資産形成においては、預貯金や投資をした際の複利を理解しそれをうまく利用する必要があります。

手元に現金を置いているだけでは利息、複利効果を肌で実感することができない点においても、資産形成方法を身に着けるという点ではデメリットだと考えています。

金額の管理ができない

多くの場合、貯金箱にはいくら入っているか1円単位まで把握はしていないはずです。

これも資産形成やお金の管理においては良くないことです。

どんなに大きい金額を扱っている会社でも、決算書などは1円単位で出します。

金額を把握していないということは、その貯金がイザという時にアテにできるかどうかもわからないので、「価値がない」状態と同じということです。

貯めるならしっかり金額まで把握することが資産形成です。

そのため、毎回数える必要がある自宅管理よりも、一発で金額がわかる銀行預金がおすすめです。

 

今後のお金の形態について

今後は(というか今も既に)お金はただのデータになります。

株式、債券がそうなったように、そしてビットコインなどの暗号資産も生まれた時からそうであるように、現金もキャッシュレス決済でのデータのやり取り、預金”残高”というただのデータです。

そのため、未だに「現ナマ」「有人店舗」じゃないと信用できないと思っている人は、これからの資産形成はやりづらくなるので、データでの管理や無人店舗には今からしっかり慣れていった方がいいです。

特に「有人店舗」があるスマホの通信会社や銀行、保険は、人件費、店舗の賃料、水道光熱費など多額のなお金がかかっており、それを維持しているのは私たちの利用料金からであり、当然無料ではありません。

言い換えれば有人店舗は、月額制のキャバクラやホストクラブと同じです!

有人店舗を頻繁に利用しているなら割り切れるかもしれないですが、有人店舗はほとんど使わないという人はさっさとネット銀行や格安SIMキャリアに切り替えることをお勧めします!

 

さいごに

小銭貯金、500円玉貯金などのデメリットを紹介しました。

大人として資産形成をするのであれば、ぜひ銀行や証券口座に預け、資産形成の方法を身に着けてください。

裏を返せば、金利や複利効果を利用すれば自分が貯めた以上の金額が貯まり、より早く資産形成が可能になります!

今後も手間が少なく効果が大きい資産形成方法を紹介していきますので、一緒に頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました