年収700万円のリアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は年収700万円で手取りが実際どれくらいあるのか、2020年の源泉徴収票を元にを紹介します。

前年度 の年収、家族構成などで税金が変わってきますが、あくまでも一例として参考にしてください。


01.属性

2020年時の属性と条件です。

  • 年齢:33歳
  • 家族構成:妻(扶養)、子供一人
  • 年末に育休取得
  • 勤務先:東証一部上場企業
  • 勤務地:大阪府

 


02.年収と手取り

2020年1月~12月の年収と手取りを紹介します。

  • 年収:7,222,255円
  • 手取り(源泉徴収票上):6,159,223円
  • 年収と手取りの差額:1,063,032円
  • 手取り率:85%

思ったより多かったです。

多かった理由としては、妻が産休育休に入り扶養となったこと、年末に私が産休を取得したことにより社会保険料が免除になり大幅に手取りが増えたことが挙げられます。

 

⇓育休で手取りUPについてはこちらをお読みください⇓

育児休暇を取得してボーナスの手取り額を大きくupさせる

 

つまり、サラリーマンとしてはほぼ最大限の節税をした状態だったと言えます。

 


03.手取りの使いみち

約590万円は以下の通り支払っています。

  • 家計(消費):2,827,000円
  • 自社持株会(投資):990,000円
  • 楽天証券投資信託(投資):182,229円
  • 奨学金返済:180,000円
  • 合計:4,179,229円

残り170万円のうち、60万円くらいは株で出した損失で消えてます。

あと100万円くらいは、お昼代や散髪代、ケータイ代などの個人の出費で使ったと思います。

 

今年はもっと投資信託への投資額を増やす予定で、実際増やしてます。

 

 


さいごに

体感として、年収650万円を超えたあたりから、毎月の給料の額がほとんど変わらないです。

それはつまり納める税金が増えているということなので、激務と引き換えに800万オーバーを狙うよりは、ある程度の仕事量で600~700万あたりを稼ぐのが、コスパとしては良い年収なのかもしれません。

その他知りたい金額などあれば、コメントにて教えてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. computermeubel より:

    Thanks.

コメントを残す