【超悲報】福利厚生倶楽部(リロクラブ)のnanacoギフト改悪!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

過去に、以下の記事でnanacoをお得に使い、高還元率で買い物をする方法を紹介しました。

福利厚生倶楽部(リロクラブ)×nanaco×ビックカメラで高還元率18.0%を達成する方法

福利厚生倶楽部(リロクラブ)×nanaco×Amazonギフトで還元率8.0%を達成する方法と、Amazonギフトの便利な使い方

しかし、2021年4月頃からリロクラブでのnanacoギフトの条件が改悪され、この方法は使えなくなりました!

そこで今回は、まだnanacoにこだわる価値はあるのか、またnanacoの新しい高還元の方法について紹介します。

 


01.リロクラブの改悪について

2021年4月頃から、nanacoギフトの購入ができなくなりました。

5月頃に再開しましたが、購入時にクレジットカードは使えず、また手数料として210円掛かるようになり、還元率で考えた場合のメリットが無くなりました。

これまでnanacoを起点にお得となっていたビックカメラやAmazonでの買い物の還元率は見直すついでに、新しいnanacoチャージの方法についても記載します。

 


02.新しいnanacoへのチャージ方法

結論からいうと、iPhone限定ではありますが、6gramからのチャージが一番還元率が高いです。

具体的に私が行っている方法は以下の通りです。

 

JQ EPOS GOLD 2.7% + 6gram 0% + nanaco 0.5% = 3.2%

 

リロクラブを使用した場合と比べて見劣りはしますが、現在はこの方法が最も還元率が高いです。

EPOS を使用する理由は、EPOS GOLDとプラチナカードで使える「選べるポイントアップショップ」で「mixi」を選択し、チャージすると通常の3倍の1.5%の還元が得られるからです。

また、EPOS GOLDは1年間に100万円を使用した場合10,000Pが付与されます。

さらに、ファミリーゴールドの設定をしておけば年間1,000Pがそれぞれにたまります。

私は妻とファミリー設定をしているので1,000P×2=2,000Pが貯まります。

全ての還元率を合わせると1年間で100万円ぴったりの利用で合計2.7%となります。

 


03.nanacoにこだわる理由

ここまでしてnanacoチャージににこだわる理由は以下の通りです。

  1. 実質クレジットカード払いで税金・公共料金が支払える
  2. ビックカメラで50,000円以内までは10%満額のポイントがもらえる
  3. Amazonギフトが+2%で買える

以上です。

各詳細について説明します。

1.実質クレジットカード払いで税金・公共料金が支払える

税金や公共料金をコンビニ払いすることにより、セブンイレブンではnanaco支払いで手数料無料で支払うことができます。

公共料金はクレジットカード支払いをすることができますが、6gram経由でnanacoにチャージし支払うことで、手数料なしで2.7%の還元を得られます!

 

2.ビックカメラで50,000円以内までは10%満額のポイントがもらえる

ビックカメラではnanaco,WAON,Suica払いで10%の満額ポイントがもらえます。

このうち、Suicaはチャージ額上限が20,000円、WAONの上限は50,000円ですがnanacoのように2.7%還元でのチャージできる方法はありません。

そのため、50,000円までの買い物であればnanacoでの支払いが最もお得になります!

 

3.Amazonギフトが+2%で買える

Amazonクレジットカードで直接商品を購入すれば2.5%還元となります。

しかしAmazonプライム会員の場合、Amazonギフト40,000円を「コンビニ払い」にして購入し、nanacoで支払えば還元率が2.0%+2.7%=4.7%になります。

さらに、実際の買い物の際にJALマイレージモール経由でチャージしたAmazonギフトで購入すれば+0.5%され5.2%還元になります!

 


さいごに

ポイントの二重、三重取りは、日々改悪されていっています。

ただ、「改悪」と考えると腹が立ってしまうので、私は現在が「ボーナスタイム」であると考えています。

そのため、お得情報があれば早めに実行すすことをお勧めします。

複雑におもえるかもしれませんが、自分の中で仕組みさえ確率させれば普段の支払いでは迷うことはほとんどありません。

EPOS GOLDの年間100万円利用についてはまた記載します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す