節約

マイナポイントをd払いに設定した時の注意点

今月1日から、マイナポイントの運用が開始されました。

良くわからないという方に向けて、マイナポイントについてと、対象決済サービスについて解説します。

マイナポイントはどの決済サービスがお得かなどの比較記事も多いですが、対象決済サービスはどれを選んでも最高5,000Pが還元されます。

そのため、最もお得かどうかに振り回されず、自分が確実に使用する決済サービスとの連携をお勧めします。

私はd払いに設定しました。

マイナポイントの設定は、マイナンバーカードの発行さえ済ませればあとは簡単で時間もかかりません。

来年の3月末までのサービスで、得のみで損はないためぜひ申し込んでください。

続きを読む

福利厚生倶楽部(リロクラブ)×nanaco×ビックカメラで高還元率18.0%を達成する方法

今回も福利厚生倶楽部(リロクラブ)を使ったお得な方法を紹介します。

福利厚生倶楽部(リロクラブ)にはビックカメラでの購入品が3% OFFになるクーポンがあります。

Apple製品など一部割引対象外のものもありますが、大抵のものは3% OFFになり、何度でも使えます。

これに加え、同じ福利厚生倶楽部(リロクラブ)で購入したnanacoギフトを使い、還元率を18%に高める方法を紹介します。

また福利厚生倶楽部(リロクラブ)は無くても、他の家電量販店と比較してビックカメラが一番使い勝手が良い部分や、ANAマイルへの効率的な交換方法についても紹介します。

続きを読む

福利厚生倶楽部(リロクラブ)×nanaco×QUOカードで、通常の買い物の還元率を6.3%にする方法

福利厚生倶楽部(リロクラブ)というものをご存じでしょうか。

勤めている会社が福利厚生の一環として導入しているサービスのようなものです。

福利厚生倶楽部の加入は会社によるため、勤めている会社が加入していればラッキーです。

福利厚生倶楽部を使って、QUOカードが使えるお店のマツキヨ、各コンビニ、書店などの還元率を大幅にUPさせる方法について書きます。

今福利厚生倶楽部を使えない方も、転職や会社の導入等で使えることがあるかもしれません。

また、福利厚生倶楽部に加入していなくても「nanaco×QUOカード」のみの方法であれば、誰でも使用可能ですので良かったらご覧ください!

続きを読む

QRコード決済の乱立と還元祭りが終わり、今もお得に使える“Pay”は何か。

2018年のPayPayの20%還元に始まり、LINE Pay、d払い、メルペイ、7Pay、ファミペイ、au Payなど、楽天ペイ以外のたくさんの“Pay”が大盤振る舞いをしていました。

20%還元合戦がひと段落した今、7Pay、Origami Payは消滅、LINE Payは実質PayPayへの統合となっています。

生まれては消えゆく“Pay”について、今でも使用価値があるものについて書きました。

続きを読む

節約よりも税金対策!最低限これだけはやりたい税金対策!

お金がない時に真っ先に考えるのは節約ですが、節約は突き詰めるとキリがありませんし、最終的には労力に反比例してお得になるお金は最終的に1円単位です。

そして何よりやりすぎると疲れます。

そこで今回は、節約なんかもう限界までやってるよ!という方に向けて、生活レベルで3段階に分けた税金対策を紹介します。

税金対策はなにもお金持ちだけがやることではなく、私たちにできることもちゃんとあります。

続きを読む

挫折しない家計簿のつけ方【家族持ち用】

前回、一人暮らし用の家計簿の付け方について書きました。

家族持ち用家計簿では、一人暮らしと違ってお金の出入りが自分一人ではないので、項目が少し増えます。

また、家計簿をつける側は人のお金を預かる立場になるので、適当につけるということもできません。

制度はそれぞれの家族ごとで異なるかもしれませんが、基本的には1円単位で管理することが求められるはずです。

我が家は1円単位で管理していますが、今のところ挫折することなく1年半以上続いております。

基本的な考え方は一人暮らし用と同じですが、異なる部分について説明していきます。

続きを読む

節約と趣味を兼ね、投資への心構えを学べるベランダ菜園のすすめ

自粛続きでヒマだけど、お金もないしやることもないのであれば、ベランダ菜園はいかがでしょうか。

別にベランダがなくても室内でもでき、必要なものも100均で揃います。

ここでは、低価格で始められて栽培が簡単で、かつ元を取れるような野菜たちを紹介し、最後に投資と通じる心構えについて書いていきます。

続きを読む

挫折しない家計簿のつけ方【一人暮らし用】

皆さんは家計簿はつけていますか。

私は一人暮らしの時は付けていませんでした。

そのかわり“資産簿”なるものを付けていて、月末に自分のお金がいくらあるかの管理だけはしていました。

今でも個人のお金は資産簿で管理していますが、家庭のお金はきちんと家計簿をつけて管理しています。

今回は、家計簿をつけたいけど挫折してしまう人が、無理なく管理できるコツと実際に私が行っていることを紹介したいと思います。

この方法で既に1年半以上継続して家計簿をつけられています。

長くなるので、一人暮らし用と家族用の2回に分けて書いていきます。

続きを読む