Step 1 貯金0~30万円程の人向けの資産形成方法

この層は、日々の支払い等で残高が行ったり来たりを繰り返していると思います。

そのため、今後半年~1年間全く手を付けなくても問題ない金額が50万円に到達することを目指すことが目的です。

借金はないが元手もないこの状態で預貯金を作るために、まずは元手が必要ない格安シムへの変更、ポイ活をお勧めします。

この金額ではまだ定期預金は行う必要はありません!

貯蓄・稼ぎを増やす具体的な手順

  1. 家計簿をつける
  2. 振込手数料・ATM手数料を節約するために銀行口座を開設する
  3. スマホを格安SIMキャリアに変更する
  4. ポイ活をして現金を節約する

手間が少なく効果が高い方法から説明します。

家計簿をつける

お金が貯まらないのは、単純に収入と支出のバランスが合っていないからです。

最終的には1円単位での家計簿を作ることがおすすめですが、まずは「何に」「いくら」使ったかをGoogleのスプレッドシートに書くだけでも効果的です。

スプレッドシートはスマホからも編集できるので、支出が発生したその場ですぐに記載ができます。

続けていくと、レコーディングダイエットと同じで「記載することが面倒くさい」という感情が発生し、コンビニや自販機などでのあまり目的のない支出が発生しにくくなります。

⇓私が実践している楽な家計簿のつけ方について以下の記事で紹介しているので参考にしてください。⇓

挫折しない家計簿のつけ方【一人暮らし用】
皆さんは家計簿はつけていますか。 私は一人暮らしの時は付けていませんでした。 そのかわり“資産簿”なるものを付けていて、月末に自分のお金がいくらあるかの管理だけはしていました。 今でも個人のお金は資産簿で管理していますが、...

形式は自由ですが、一度お金を使っているものについて把握し、削れるものと削れないものを目で見て理解することは、お金がどれだけ貯まっても必要な作業と能力です。

お金を貯め始める段階から家計簿をつけておけば、貯まる速度は確実に上がるので、資産形成の第一歩と割り切って今から始めましょう!

 

振込手数料・ATM手数料を節約する

人間は大きい金額の出入りがあると、日々の数百円の出費についてはあまり気にしなくなります。

しかし手数料は支払っても何の得にもならず、且つ工夫すれば1円も払う必要が無いため、今すぐ節約する必要がある費用です!

具体的には、比較的緩い条件で振込手数料無料が獲得できる以下のネット銀行の使用をお勧めします。

  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • auじぶん銀行
  • イオン銀行
  • スルガ銀行ANA支店

全行開設しても問題ありませんし、給与振り込みなどのメインバンクにする必要もありません!

各行名称は異なりますが「定額自動入金」といサービスを使えば、メインバンクから手数料無料で入金してくれます。

そのため、いちいち口座を移し替える必要もなく、振込やコンビニATMで現金を引き出す際に手数料無料で活用できます。

銀行により異なるため概算ですが、振込手数料は¥220/回×12ヵ月=¥2,640、ATM手数料は¥110×12ヵ月=¥1,320です。

借金返済、家賃振込などは毎月必ず支払う必要があり、且つ長期間に渡ります。

手数料×件数×12ヵ月で計算し、具体的にいくらかかっているかを把握すると口座開設のモチベーションになります!

一見細かい金額に見えますが、こういった出費を惜しむ思考を身に着けることで、より早い資産形成に繋がります!

 

スマホを格安SIMキャリアに変更する

格安SIMキャリアは、¥1,000/月もあれば余裕で使用できます!

そのため、例え現在のキャリアの変更や解約に違約金が掛かったとしても切り替えることを強くお勧めします!

現在のキャリアに¥6,000/月 支払っているのであれば、違約金を支払っても2~3ヵ月で元が取れます!

おすすめは、楽天モバイル+NUROモバイルです。

SIMカードが2枚入るスマホに限られますが、通話を楽天モバイル、データ通信をNUROモバイルで行えば、楽天モバイル経由の通話料は無料になり、5GB以内の通信量であれば¥825/月で済みます。

機種について、iPhone及びおサイフケータイにこだわらなければXiaomiのスマホがおすすめです。

本体代金も安く、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しているからです。

使用中の機種がiPhoneであれば、売ったお金で購入することもできるはずです。

※その他おすすめは以下にて紹介しているのでぜひ読んでみてください!

2022年版!スマホ代を安くする方法!
生活必需品のスマホですが、節約のために格安SIMキャリアに切り替える事を強くお勧めします。 未だに大手キャリアを使っている人も多いですが、大手キャリアに忠誠を尽くしても良い事はありません。 それどころか、大手キャリアはキャバクラ...

 

ポイントを支払いに充てる/現金化する

楽天ポイント、Tポイント、Pontaポイント/dポイント、LINEポイントなど、日常の買い物で貯まるポイントをカードや日々の支払いに充てたり、現金化します。

ポイ活は、クリック系と合わせ、生活必需品をポイントサイト経由で楽天市場にて購入、ポイントサイトで高額ポイントが貰える証券会社の口座開設や、年会費無料のクレジットカード作成がおすすめです。

案件によっては、高額な入金や決済が条件のものもあるので、自分のキャッシュフローと相談しながらこなせる案件に申し込みましょう!

家計に余裕がない場合は、現金の節約のためにポイントをクレカの支払いに充てるもしくは現金化することもおすすめです。

私が使用しているポイントがもらえるサービスは以下です。

  • マイナポイントの申し込み(1回きり)
  • 楽天ポイントスクリーン(アプリ)
  • 楽天Point Club(アプリ)
  • 楽天ウェブ検索(アプリ/ブラウザ)
  • 楽天銀行の「現金プレゼントサービス」
  • 楽天メールdeポイント(ウェブ)
  • 楽天メールマガジンの「クリックしてポイントGET」(メール受信必要)
  • LINEポイントクラブ(LINEアプリ)
  • au PAYマーケットのライブTV視聴(アプリ)

以上です。

これらを毎日真面目にこなせば500P/月以上になると思います!

楽天ポイントは楽天PAYで普段使いに使用、LINEポイント、Pontaポイントは各社の証券会社経由で現金化が可能です!

 

ポイントが貯まる広告サイトは、とりあえず「ハピタス」の使用で問題ないと思います!

是非試してみてください!

 

さいごに

稼ぎ方、貯め方はいろいろありますが、預貯金100万円までは資産の土台作りと割り切り、投資などによる近道をするのではなく、細かい金額からカットしてくことがおすすめです。

50万円貯めるのに2~3年かかったとしても、100万円を貯めるのはその半分以下で貯まります。

そしてその後は預貯金が100万円を下回ることはありません。

なので焦らずゆっくりと基礎固めをしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました